優先順位を決めておく

やってよかった!住宅のこだわりポイント

内装で個性が出る

キッチンとダイニング

料理を作ったり食事をする場所は、住宅の中でも重要なスペースです。
どのような調理台やシンクを入れるかや、主に料理をする方に合わせた高さする、といった工夫もしましょう。

調理器具や食器を収納するスペースを、食事の用意をする方が便利に整えるのが大事です。
ダイニングは家族が集まり食事をするだけでなく、お茶を飲んだりくつろげるようにする必要があります。

利便性だけでなく落ち着けるように、インテリアや収納に工夫をしましょう。
台所は調理器具や保存食など色々な種類のものが置いてあります。
すっきりとした収納と利便性を兼ね備えた場所にするのが重要です。

同時に何人かで料理をする機会が多いのか、メインの一人が行うのかによって設備や施工を決めます。

お風呂とトイレ

住宅の中でこだわりたいポイントの箇所として、お風呂とトイレがあります。
頻繁に使用する場所であり、リラックスをする事ができるからです。
家族の人数に合わせて広さや必要な個数を決めましょう。
場合によっては一階と二階にトイレを設置するなど工夫が必要です。

お年寄りや体が不自由な方がいる場合は、バリアフリーにしたり介護がしやすい設備にします。
介護される側と介護する方の両方が安心して生活が出来るのが大事です。
バリアフリーについて詳しい会社や建築士にどのようにすると良いのか相談をします。

特に浴槽などの高さや洗面台そしてトイレの便座などが使いやすいようにしましょう。
必要に応じて手すりをつけたり車いすが入れるスペースを確保します。


この記事をシェアする